FSEGは組込み機能安全に特化したエキスパート集団

 

 

FS Expert Group (FSEG)は、機能安全認証に関わるノウハウ/パッケージ/開発リソースを提供し、日本のものづくりの製品力向上に貢献することを目的とした企業が集まり、2019年に発足しました。状況/課題にあわせたお手伝いが可能ですので、お気軽にご相談下さい。

FS Expert Group メンバーのご紹介

 

IDE/解析/テストツール

IARシステムズ

https://www.iar.com/jp

IARシステムズ株式会社は、世界トップクラスの組込み開発ツールメーカーであり、C/C++ コンパイラ・デバッガ統合開発環境 (IDE) 、開発キット、エミュレータ―(ICE)、ステートマシン設計ツールなどを組込みシステム開発向けに幅広く提供しています。IARシステムズの顧客は通信、産業機器および車載機器など多岐にわたっています。創業は1983年で、スウェーデンに本社を置き、北米、日本、中国、韓国、台湾、ドイツ、フランス、インドの現地法人に加えて、代理店ネットワークを介して世界中に販売網を展開しています。弊社は、そのオーナー企業であるIAR Systems Groupを介してNASDAQ OMXストックホルムに上場しています。

テクマトリックス株式会社

https://www.techmatrix.co.jp/product/quality.html

テクマトリックス株式会社は 、 ソフトウェアの品質向上に向けたベスト・オブ・ブリードのツールとエンジニアリングサービスの提供を通し、お客様のソフトウェア開発工程の全ライフサイクルを支援します。 C/C++言語対応の静的解析・単体テストツール「C++test」の販売では、FA・制御機器などを中心に国内700社、6000ライセンスの導入実績を誇ります。また、Jenkinsを利用したCI/CD実現の環境構築の支援サービスに代表されるように、お客様のビジネスに合わせて、テストツールや分析ツールを組み合わせた最適な開発環境の構築もご提案可能です。「ソフトウェアの品質確保と開発時間の短縮を両立させる」と言ったお客様の課題があれば、ご相談をください。

 

コンサル/設計支援/認証機関との交渉

SILロゴ

株式会社セーフティイノベーション

http://safety-innovation.com/

株式会社セーフティイノベーションは、機能安全の設計及びマネージメントシステム構築の実務経験を生かし2015年に「機能安全認証に向けたコンサルタント及び設計実務支援を行う会社」として設立しました。現在までに機能安全プロダクツ認証9機種、機能安全カンパニー認証1社の認証実績があり、現在も数社の支援を行っています。
弊社は、産業機械 / プロセス産業 / 設備装置産業 / 土工機械 / 可変駆動装置 / 電気検知保護装置その他における機能安全に関するソフトウェア技術指導・ハードウェア技術指導・認証のテクニック指導・機能安全テンプレートの提供・文書の英文化作業・講習会などを提供しています。FS認証を検討している企業様を支援し認証取得を効率よく推進するノウハウを提供します。

 

 

受託開発/FS RTOS

株式会社エヌエスピージャパン

https://www.nsp-j.co.jp/

株式会社エヌエスピージャパンは、放送局通信設備、公共通信インフラ設備を開発するシステムベンダーから2000年に独立したソフトウェア受託開発会社です。 設立以来培った通信技術を強みとした開発業務を行い、ソフトウェアだけでは無くハードウェアを含めた通信機器の一括設計、製造、評価が可能です。
開発実績としては主に各種産業用ネットワーク対応の他、近年では特にニーズが高いセンサーIoTネットワークシステムに初期の頃より携わっています。
弊社の開発した特定小電力無線を利用した システムは防災、環境、医療、公共交通機関、アミューズメント分野などで24時間休むことなく稼働しています。これからもニーズに合わせ、コスト、消費電力、伝送性能/品質のバランスが取れた最適な通信デバイス/システムをご提案、開発します。

 

株式会社グレープシステム

https://www.grape.co.jp/

株式会社グレープシステムは、1991年の設立より、組込み機器向けソフトウェアの自社開発製品の販売・サポートと主に海外からの輸入製品の販売・サポートおよび受託開発を行っている企業です。 長年培ってきた組込み開発の高い技術水準を維持し続け、USB、FILEを中心とした自社開発のGRAPEWARE製品は450社以上のお客様にご利用いただいています。また近年では機能安全の分野にも注力することで、お客様の課題解決に役に立つ提案活動を積極的に推進しています。

 

産業ネットワーク/Safety通信

HMSインダストリアルネットワークス株式会社

https://www.hms-networks.com/ja

HMSインダストリアルネットワークス株式会社 は、フィールド(OT)レベルの産業用ネットワーク対応から、リモートアクセスやデータ収集などの IIoT 分野の製品・サービスまで「Connecting Devices」をモットーに Anybus(R)、Ewon(R)、Ixxat(R)、Intesis(TM) の4つのブランドで製品を展開しています。
1988年にスウェーデン(ハルムスタッド)で創業し、世界16ヶ国でセールス及びサポートを行っており、50ヶ国以上にて代理店による販売を行っています。組込み用途では、各種産業用ネットワーク対応のモジュール製品と、安全通信対応製品(安全I/Oモジュール、プロトコルソフトウェア)を取り揃えています。

 

インターファクトリーパートナーズ株式会社

http://www.interfp.co.jp/

インターファクトリーパートナーズ株式会社は、国際的安全規格であるIEC61508をベースにIEC62061(産業機械)、ISO13849-1(機械類、システム安全)等の安全規格の認証取得に向けた開発サービスを行っています。20年以上に及ぶ認証機関との継続的開発実績による効率的開発が実行できます。
各種産業用ネットワークプロトコルとそのインタフェース開発が機器要求にベストマッチで行えます。コンフォーマンス、マルチベンダ機器間接続にも豊富な知識・経験を有します。
CIP (Ethernet/IP、DeviceNet )、CIP Safety、Profinet、Profisafe 、EtherCAT、FSOE(Functional Safety Over EtherCAT)、Profinet、profisafe、OPC-UA、等。開発の最適化に向けた企画段階からのご相談にも対応します。

 

半導体ベンダ

LogoRenesas

ルネサス エレクトロニクス株式会社

https://www.renesas.com/

ルネサス エレクトロニクスは、幅広い選択肢のマイクロコントローラ(MCU)およびマイクロプロセッサ(MPU)による最善のソリューションをご提供いたします。IntersilおよびIDTとの統合により、マイコン/SoC とアナログ製品をキットとして提供するソリューション提案力の強化を進めています。
産業向け事業では、お客様での開発効率を向上するためのアプリケーション・ソリューションを提供しており、機能安全では認証済み自己診断ソフトウェアやリファレンス評価ボード以外にも、お客様が早期に認証を取得するための各種ソリューションをご用意しています。他にも、マルチプロトコル通信、タイムセンシティブネットワーキング(TSN)、リアルタイム処理など、広範なテクノロジーをサポート致します。ルネサスのブランドの礎である専門的技術と高品質で、お客様やビジネスパートナーとの信頼関係を築いて参ります。

logoST

STマイクロエレクトロニクス

https://www.st.com/

STマイクロエレクトロニクスは、約46,000名の従業員を擁し、包括的なサプライ・チェーンと最先端の製造設備を有する世界的な独立系総合半導体メーカーです。約10万社のお客様や数千社のパートナー企業と協力しながら、お客様のビジネス創出や持続可能な社会をサポートする半導体ソリューションの開発ならびにエコシステムの構築に取り組んでいます。
STは、STM32マイコン / マイクロプロセッサおよびSTM8マイコンを使用した機能安全設計向けに、ソフトウェア・パッケージ「X-CUBE-STL」、「X-CUBE-CLASSB」、「STM8-SafeCLASSB」および「STM8A-SafeASIL」を提供しています。産業、医療、コンスーマおよび車載機器分野において、セーフティ・クリティカルな製品の開発を簡略化するのに役立ちます。1000品種以上の製品で構成されるSTM32ファミリや、車載対応のSTM8AFを含むSTM8ファミリにより、専用のセーフティ・マイコンを上回る幅広い選択肢を提供します。

LogoTI

テキサス・インスツルメンツ

https://www.tij.co.jp/

テキサス・インスツルメンツ(TI)は、豊富で信頼性の高いアナログICと組込みプロセッシング製品の設計、製造、テスト、販売に従事するグローバル企業で、お客様の問題解決を支援しています。TI の製品を使用いただくことで、ISO 26262 や IEC 61508 などの機能安全規格の厳格な要件に対応できます。また、TI の機能安全準拠製品では、TÜV SÜD 認証の機能安全ハードウェアおよびソフトウェア開発プロセスを採用しており、設計で必要とされる最高の ASIL と SIL レベルの達成をサポートします。